生命保険見直し無理

生命保険の仕組みは、加入者が毎月定額を保険会社に納めます。
そうすることで加入者が入院した場合、事故にあった場合などでなにかと必要になってくるお金を保険会社が支払ってくれる仕組みです。
生命保険は、たくさんの加入者が月額支払うことで1か所にプールされます。
そのプールされたお金を、病気や事故で入院費、治療費でお金が必要になった人に出し合うことで、元々は相互扶助制度のことをさします。
ですので保険会社はプール金の管理や、プール金を増やすための加入者を募るなどの働きをしているのです。


しかし、この相互扶助制度に乗っかれない、すなわち保険に加入できないケースがあります。
加入の際には主に、健康状態の良し悪しが必要になります。
なぜならいかにプール金を増やすか、加入者を増やすかが大事だからです。
保険会社としては、保険金を渡すよりプールを増やす努力をしなければいけません。
生命保険見直しをできない条件が幾つかあるので ご紹介します。


入院や手術を受けた場合。
入院日数に応じては可能な場合もありますが、基本は条件外になります。
次にうつ病であること。
見直し時にうつ病と診断されている場合、健康状態が不安定とみなされ保険の新規加入や再加入が厳しくなります。
併せて、睡眠導入剤や精神安定剤を服用してるケースも残念ながら保険の加入が厳しい状態です。


いずれも安定した生活ができていないと見なされるため、保険加入の条件にひっかかってしまいます。


Copyright © 2014 生命保険見直しをできない条件 All Rights Reserved.